アトピー肌でも脱毛できる!安心して通える脱毛サロン

アトピー肌は刺激に敏感なため、ムダ毛処理をするにも気を使いますよね。カミソリで処理するとかぶれたり、毛抜きで抜くと痒みが出たり、脱毛クリームは肌がヒリヒリするなど、処理方法に困ってしまうことも多いでしょう。

そんなアトピー肌こそ、サロンで脱毛するのがおすすめです。そこで、アトピー肌でも安心して受けられる脱毛サロンをご紹介しましょう。

アトピー肌でも安全に施術が受けられる

アトピー肌の人は、光を照射するサロン脱毛なんて刺激が強すぎて受けられないと諦めている場合が多いようです。しかし、脱毛サロンの中には敏感肌やアトピー肌でも安全に施術が受けられるように配慮しているところも多く、肌トラブルの心配なく受けることが可能です。

アトピー肌でも受けられる脱毛サロンの特徴としては、肌質に合わせた脱毛機を使い分けている、抗炎症作用のあるジェルを使用している、色素沈着をしていても施術が受けられるなどがあげられます。大手サロンでは、ディオーネ、ミュゼ、キレイモ、脱毛ラボ、銀座カラーで受けられるので、それぞれの特徴をみてみましょう。

アトピー肌でも安心なハイパースキン脱毛のディオーネ

ディオーネは、大手サロンの中で最もアトピー肌に適した脱毛サロンといえます。その理由は、ディオーネが行っているハイパースキン脱毛という施術に起因します。3歳の子どもでも受けられる肌に優しい施術として注目されている方法です。

一般的なフラッシュ脱毛は、メラニンの黒色の反応する光を照射し、高熱で毛根を焼き切るという施術です。一方、ハイパースキン脱毛は低温で毛の種に働きかけ発毛を抑制するという施術方法であるため、肌への刺激も少なく敏感肌でも受けられる施術となっています。

黒色に反応する施術法ではないため、色素沈着している肌でも受けられるのがメリットです。ハイパースキン脱毛の光には、コラーゲンの生成を促す効果もあるため、脱毛施術をしながら肌質の改善も望めます。また、ハイパースキン脱毛は一般的なフラッシュ脱毛のように2ヶ月から3ヶ月に1回のペースではなく、3週間から4週間に1回のペースで施術が受けられるため、短期間で施術が完了できるのも魅力です。

アトピー肌を悪化させることなく、短期間で脱毛が完了できます。

肌に優しい施術のミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは、肌に優しいS.S.C方式の脱毛施術を導入しており、安定した状態のアトピー肌なら施術を受けることが可能です。ただ、肌に薬を塗っている場合は施術を受けることができません。施術の際には、美肌効果のあるジェルをたっぷり塗ってくれるため、肌が保護され刺激が少なくなります。

ジェルはひんやりと冷たく、温かくなると痒くなるというアトピーの性質を抑え込んでくれるため、痒みもなく施術が受けられます。肌トラブルが起きないか心配な場合は、カウンセリング時にパッチテストを行ってくれるので、契約する前に合うか合わないか確認することができます。

ジェルを使わないキレイモの脱毛

キレイモは肌に優しい脱毛を謳っており、一般的なフラッシュ脱毛とは違いジェルを使わない施術が特徴的です。基本的にはアトピー肌でも施術が受けられますが、色素沈着や炎症、傷などがある場合は施術が受けられません。

ジェルを使わない脱毛という事で、肌表面が厚くないか心配ですが、脱毛器はマイナス4度に冷えており、ジェルなしでも冷却効果は抜群です。施術の後は保湿ジェルを塗布してもらえるため、乾燥を防ぎしっとりとした素肌になれるのも利点です。

万が一肌トラブルが発生した場合も、ドクターサポートが完備しているため適切な処置がしてもらえます。ただ、キレイモは全身脱毛のみで部分脱毛は受けられないため、部分脱毛を受けたい人は他のサロンを選ぶのが良いでしょう。

ドクターサポート全額保証がある脱毛ラボ

脱毛ラボも、ミュゼプラチナムと同様のS.S.C方式の脱毛機を採用しています。冷却ジェルを施術前、施術中、施術後の3回に分けて塗ってくれるため、肌への刺激も少なく痛みを感じない脱毛施術と評判です。アトピー肌でも施術を受けることができますが、色素沈着や炎症、傷跡がある場合は受けることができません。

薬を服用している場合は、医師の同意書があれば受けることも可能ですが、肌の状態によっては受けられないこともあります。保湿に力を入れている脱毛サロンであるため、アトピー肌でもしっとりとした仕上がりになります。

ドクターサポート全額保証制度が整っているため、トラブルが生じた時にも安心です。全身脱毛でも60分から90分と施術時間も短いので、ストレスなく施術が受けられるのも特徴です。

保湿ケアが充実した銀座カラー

銀座カラーはIPL脱毛が採用されており、痛みが少なくスピーディーな施術が特徴の脱毛サロンです。アトピー肌でも施術が受けられますが、色素沈着や炎症、傷跡などがある部分は避けて行われます。薬を飲んでいる場合は医師の確認が必要になりますが、肌の状態によって施術が受けられるかどうか決まります。

カウンセリング時にはパッチテストも受けられるので、肌に合うかどうかの確認もできます。銀座カラーが他の脱毛サロンと比べて優れているのは皮膚科と共同開発された保湿ケアで、6種類の美容成分を高圧噴射するというものです。

ひんやりとしたミストシャワーで、施術で火照った肌をクールダウンしながら潤してくれます。アトピー肌もしっとりさせることができるでしょう。

ステロイド外用薬を使用している場合

アトピー肌で処方される薬には内服薬と外用薬がありますが、内服薬の場合は施術を受けられないことが多くなります。ステロイド外用薬の場合は、サロンによって対応が異なり、ディオーネとミュゼプラチナムは当日の塗布を避ければ施術を受けることが可能です。

キレイモは、施術前後の1ヶ月のステロイド外用薬の使用は避けることが条件で施術が受けられ、銀座カラーはステロイド外用薬を塗っている部分は避けて施術が行われます。銀座カラーは、医師に確認のうえで施術を受けることになるとのことです。

自分に合うサロンを選んで施術を受けてみましょう

このように、大手脱毛サロンではアトピー肌でも安心して施術を受けることができます。自己処理でトラブルを繰り返すよりも、一定の期間サロンに通いムダ毛処理の必要ない肌になるほうが、アトピー肌にとって良い影響を与えるはずです。

それぞれの脱毛サロンの特徴を参考にして、自分に合った脱毛サロンに通ってみてはいかがでしょう。