医療脱毛のメリットとデメリット

脱毛を受けるときにはまず一般的なサロンで受けられる脱毛とクリニックで行われている医療脱毛のどちらが良いかを考えて選ぶのが大切です。この二つには大きな違いがありますが、医療脱毛にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

詳細を理解して自分の希望に合っているかどうかを判断できるようになりましょう。

医療脱毛は医師の指導の下で行う

そもそも医療脱毛とは何かをまず理解しておいた方が良いでしょう。クリニックで受ける脱毛が医療脱毛で、サロンで受けるのがそうではない脱毛だという考え方でほとんど間違いはありません。しかし、より正確には医療資格として知られる医師免許を持っている人に指導を受けながら脱毛の施術を受ける方法が医療脱毛となります。

クリニックでは医師が対応してくるのが通例で、皮膚の状態や施術の状況を医学的見地から判断した上で施術を進めていってくれるのが基本的な仕組みです。また、医師の資格がなければ扱えない医療用レーザーを使用して施術が行われています。

サロンで使われるレーザーに比べると出力が高くて強いレーザーなのが医療用レーザーの特徴です。この他にもクリニックでは医師が処方箋を書くことができるという面があります。常に医療に詳しい人の前で脱毛の施術を受けることができ、悩みがあったときにも相談できるのは魅力的な点でしょう。

強いレーザーを使えるメリット

脱毛の施術について見てみると、大きな違いとなるのがレーザーの種類です。医療用レーザーは出力が高く、脱毛の効果が大きいのがメリットです。出力が高いレーザーを使うと効率的に毛母細胞を光刺激によって破壊できます。

一回の照射で破壊できる毛母細胞が多ければ、それだけ少ない回数で脱毛を完了することが可能です。できるだけ早く完全な脱毛を達成したいというときには医療脱毛を選ぶのが良いと言えます。また、レーザー照射によって毛が生えなくなる期間も一般的なレーザーに比べて医療用レーザーの方が長いとされています。

永久脱毛をしたときにも何年も経つと少しずつ毛が生えてきてしまうでしょう。完全に脱毛できている期間も長くなるので、またクリニックやサロンに通わなければならないのはだいぶ先の話になります。強いレーザーを使えることによって施術を受ける回数も頻度も少なくなり、理想的な状態を保ちやすくなるのです。

医師に常に診てもらえるメリット

クリニックで行われている医療脱毛では常に医師に診てもらえる仕組みになっています。医師はもともと皮膚科などの肌に関わる診療科で働いていた人が多く、レーザー照射によって起こりうる肌のトラブルも熟知しています。

サロンでも施術する人が十分に知識を持っていて適切な形でレーザー照射をしてくれることもあるでしょう。しかし、大きな違いとなるのがトラブルが本当に発生してしまったときにどれだけ対処できるかです。クリニックで医療脱毛を受けていれば医薬品を使った治療をしてもらうことができます。

医師は処方箋を書いて医薬品を使える権限を持っているからです。サロンでは医師がいないので医療用医薬品を使うことはできず、一般的に薬局で売られている医薬品や化粧品、医薬部外品などを使って対処することになります。

基本的には医療用医薬品は効果が強く、使い方を誤らないようにするために医師の管理下に置かれています。肌のトラブルが発生したときにすぐに使ってもらえれば速やかにトラブルが改善されると期待できるのです。知識面は努力によって誰もが医師と同等かそれ以上にすらなることはできますが、処方箋を出すことは医師以外にはできません。

全て滞りなく理想的な形で施術が進んでいけば特に大きなメリットではないかもしれません。しかし、いざトラブルが発生したときには安心できるでしょう。

費用面でのデメリット

医療脱毛にはデメリットもないわけではありません。費用面ではデメリットが大きいと言われることがよくあります。医師免許を持っている人が対応してくれることに加え、出力が大きくて高価なレーザー機器を使用することから施術費用が高いのがデメリットです。

一回あたりの費用は2倍以上になっていることが多く、なかなか思い切って医療脱毛を始められないという人もいます。医療脱毛という名前ではあるものの、自由診療なので医療保険が適用されるわけでもありません。しかし、長期的にみるとサロンで脱毛するのと費用面ではあまり変わらないことがほとんどです。

完全に脱毛するまでに必要な施術の回数がかなり少なくて済むからです。人によってもクリニックによっても必要な回数には違いがありますが、5回か6回で終えられることもよくあります。逆に10回以上サロンで施術を受けてもまだ脱毛が終わらないということも珍しくはありません。

さらに長期的に考えると、永久脱毛できたつもりがまた毛が生えてきて施術を受けなければならなくなるまでの期間も医療脱毛の方が短いのが一般的です。するとトータルで支払う金額は医療脱毛の方が少なくて済むと考えることもできるでしょう。

これからずっと完全に脱毛された状態にしたいという人は医療脱毛を選んだ方が費用面でも優れている可能性が十分にあるのです。

施術を受ける上でのデメリット

医療脱毛は施術を受ける上でデメリットを感じる人もいます。強い出力のレーザーを使用する関係で痛みを生じるリスクが高めなのです。サロンの施術で全然痛みを感じなかった人も、クリニックで医療脱毛をしてもらうと痛いと訴えることもあります。

その様子に応じてレーザーの出力を変えたり、当て方を試行錯誤してくれたりする医師もいます。また、使用する鎮痛剤を変更して対処してくれることもあるでしょう。それでもなお痛いという場合もあり、医療脱毛を断念する人もいるのは確かです。

レーザーの種類によって痛みが生じやすいかどうかにも違いがあるので、別のクリニックで受ければ大丈夫ということもあります。運があまり良くないと痛い経験をしてしまうかもしれないということは医療脱毛を受ける上で知っておくべき点です。

多くのクリニックでは痛みに関する懸念を解消してもらうためにお試しをさせてくれるようになっています。無料で対応してくれる場合が多いので、痛いかどうかが心配な場合には医師に申し出てみましょう。機械さえあいていればすぐに試させてくれます。